自分の症状にあった胃薬を選ぶ

胃薬は自分の症状にあったものを選ぶ事が大切です。「胃もたれ、胸やけ、食欲不振」等の症状が強い人には胃粘液の分泌を高めてくれる成分を含んだ、胃運動機能改善(整胃)剤がお勧めです。この薬は、胃の表面を覆っている胃粘液を増やす働きがあり、胃粘液が増える事で胃粘膜の防御力を高めてくれます。胃の蠕動運動を助ける働きのある薬を飲む事で弱った胃を守って動かす効果を発揮して胃の健康を守ってくれます。「胃痛、胸やけ、げっぷ」等の症状には荒れた粘膜を修復して胃酸を中和してくれる効果のある粘膜修復剤がよいでしょう。この薬は、損傷した胃粘膜を覆い修復してくれます。そして胃の血流を増やして胃粘膜の再生力を高める効果があります。「胸焼け、むかつき、胃部不快感」等には、出過ぎた胃酸を中和して胃内のpHを調整し、胃粘膜の刺激を抑える働きのある制酸剤を含んだ胃薬が良く効きます。「胃もたれ、胃部膨満感、消化不良、食欲不振」等、胃の働きが弱い時には胃の働きを高める成分の入った健胃剤がよいでしょう。健胃剤には主に生薬(漢方)が使われており、生薬独特の苦みや香り等が味覚神経を刺激し反射的に唾液や胃液を分泌させ、胃酸の分泌を促す作用を発揮して胃の働きを活発にしてくれます。「食べ過ぎ、消化不良、食欲不振」等には、消化を助ける成分の入った消化剤がお勧めです。消化剤は消化を助ける働きがあり、主に胃液や腸液等に含まれている酵素と同じような作用をもつ消化酵素からなっています。「胃がさしこむように痛い」時には胃の活動を支配している副交感神経を遮断して、過剰な胃酸分泌や胃の緊張による痛みを抑えてくれる成分の入った鎮痛鎮痙剤が効果を発揮します。「胃痛、胸焼け、むかつき、もたれ」等があり胃酸を抑えたい時には、胃酸の分泌を抑えてくれる酸分泌抑制剤の入った胃薬が効きます。以上のように胃薬は症状によって薬を変える事で症状が改善されます。