ツムラ漢方の胃薬には食後の眠気を齎す六君子湯を配合

胃薬は、いくつかのメーカーから販売されています。現代の日本人は、この胃薬を服用している人が、多くみられるようです。医師の診断を受けて、処方される薬の他にも、ドラッグストアや薬局、インターネットのサイトからでも、第2類医薬品や第3類医薬品などの胃薬を、購入することが可能となっています。
ツムラ漢方薬にも、胃のさまざまな不調に効果が期待される薬があります。その一つが、ツムラ漢方薬の六君子湯(リックンシトウ)と呼ばれるものになります。この、ツムラ漢方薬の六君子湯(リックンシトウ)は、胃腸が弱くて食欲がなかったり、食べても消化不良になりやすい方が服用すると、弱っている胃腸の働きを改善してくれることが、期待できる漢方薬になります。また、食べると眠気がでて食欲にムラがある人や、疲れやすい体質の人に適しているようです。食事中に眠気がでる人は、寝起きも悪くて起きた時には、顔や手足にむくみが生じていることが多いようです。このような、疲れやすい方の体調も整えてくれることが期待されます。食欲不振や消化不良、食後に眠気がでる人や、疲れやすい人に効果があるといわれています。
他にも、ツムラ漢方薬の安中散(アンチュウサン)と呼ばれるものもあります。これは、胃腸を温めることで痛みを和らげる漢方薬になります。慢性的な胃の鈍痛や胸やけ、冷えやストレスからくる胃の痛みや腹痛にも、効果があるといわれています。
さらには、オウレンやゲンチアナなどの生薬が配合された、ツムラ胃腸内服液も発売されています。胃のもたれや胃の働きを改善してくれる効果があります。ツムラ漢方の胃薬は、それぞれの体質にあわせて選ぶことが大切になるでしょう。