胃薬の飲みすぎはCagAたんぱくが?個人輸入で調査

胃の痛みや胃もたれが毎日続き、胃薬が手放せないという方、その不調の原因は、CagAたんぱくかもしれません。CagAたんぱくとは、胃に感染する細菌、ピロリ菌が作り出す物質です。
胃酸を中和し胃粘膜の上皮細胞に付着して増加するピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因になります。繰り返し胃内の炎症が起こることにより胃がんを発症するリスクが高まり、胃がん患者の80%以上はピロリ菌の感染者と報告もされています。
CagAたんぱくはピロリ菌以外の生物には見られない物質です。胃の表面に住み着いたピロリ菌から粘膜の上皮細胞に注入されると、細胞の働きが乱れ細胞がバラバラになり、そうして出来た胃粘膜の隙間から胃酸が内部に染みこむことで胃炎や胃潰瘍が起きやすくなるのです。
ストレスや食べ過ぎによる胃炎等の不調の場合、胃薬を飲めば数日で炎症は治まりますが、CagAたんぱくによる炎症の場合、胃薬を飲み続けても良くならない、一時的に良くなっても再び炎症が起きることが多いです。
習慣的に胃薬が必要な状態の場合は、その不調の原因がCagAたんぱく、ピロリ菌かどうかを調べることをおすすめします。
ピロリ菌に感染しているかどうかの検査は、医療機関を利用するほか、検査キットを個人輸入して自宅で行うことが出来ます。検査キットでの検査は大便を検体として使用し、検体と検査溶液を混ぜることでピロリ菌の有無を調べます。
ピロリ菌検査キットを個人輸入をするのに最も手軽な方法は、個人輸入代行ネットショップの利用です。個人輸入代行ネットショップでは日本語での詳細な商品説明、使用方法、注意事項が記載されているため独自に個人輸入するよりも安心かつ安全です。